資産運用をお考えの方は読んでおいて損はないです

資産運用のことはIFAに相談

IFAが相談を受けるのは企業限定?

IFAが相談を受けるのは企業限定? IFAが相談を受けるのは企業限定というわけではありません。
法人顧客だけを相手に商売をしている方もいるかもしれませんが、個人を相手に投資のアドバイスをしている人もいます。
むしろ個人の方こそIFAを利用するのがおすすめかもしれません。
なぜならIFAは証券会社から独立しているため、中立的な立場からの助言ができるからです。
証券会社の社員の場合は、やはり会社から課せられるノルマというものが厳然としてあるので、完全に中立なアドバイスができるかというと疑問符がつく場合が多いわけです。
また、証券会社の場合は、それなりに大きな資産を持っている人じゃないと相手にしてもらえないことも多いです。
その点、IFAなら小額の資金の顧客でも相手にしてくれる人はいますし、かなり中立公正な立場からの助言を期待できます。
この方たちは、顧客にちゃんとした成果を出してもらわないと、信頼が損なわれて顧客離れが起きてしまいますから、必死で真面目にアドバイスしてくれる可能性が高いのです。

個人でIFAに相談する場合のメリットとデメリットとは?

個人でIFAに相談する場合のメリットとデメリットとは? 個人でIFAに相談する場合のメリットは、長期資産管理が可能で多方面からアドバイスをもらえることです。
金融機関の対面式の営業では会社の方針に沿ったノルマがあるので高額の手数料がかかる商品を勧められたりすることがあります。
IFAの場合はそのような金融機関から独立しているので、ノルマに縛られることなく透明性の高いアドバイスをもらえることができるのです。
また投資だけでなく年金計画や社会保険、不動産投資のローンなど多方面からアドバイスを受けることができるので、様々な角度から資産運用のアドバイスをもらえます。
IFAに相談するデメリットは手数料が高いことです。
日本では手数料ビジネスとなっているので、IFAを通して購入した商品はネット証券であっても手数料が高くなってしまうというデメリットがあります。
さらに独立しているという特徴があるので、組織力はありません。
情報収集力やサービスの品質標準が金融機関より低い場合があるのです。