IFAに相談する際にかかる費用

資産運用のことはIFAに相談

IFAに相談する際にかかる費用

IFAに相談する際にかかる費用 IFAは、金融機関と契約はしていますが、所属をしているわけではありません。あくまでも金融機関とはべつの独立した金融商品仲介業者という存在なので、売買手数料以外に費用が必要になることがあります。
一般的に金融機関で資産運用をした場合、IFAに相談して運用してもせずに運用しても売買手数料がかかることになります。具体的な費用は、利用する金融機関や商品によっても異なりますので、実際に運用する前に自分が購入を考えている商品について調べておく必要がありそうです。IFA制度を利用した場合にかかる手数料についても金融機関ごとに異なります。また、利用する金融機関によっては、専用口座を準備しているところもあり、口座管理料が必要な場合もありますので、実際に運用を始めるまえに確認をする必要があります。
IFA制度を置いている銀行や証券会社などでは、無料の相談会を行なっているところも多いなので、気になる方は一度足を運んでみるのも良さそうです。

「IFA」に相談した場合費用

「IFA」に相談した場合費用 これまでの金融機関に資産運用とそのアドバイスを任せきりにしていたやり取りの方法が近年変わりつつあることをご存知ですか。これはいわゆる独立系ファイナンシャルプランナー「IFA」の存在によるものです。
「IFA」は金融機関と契約していますが所属はしておらずあくまで独立した存在であることがその最大の特徴です。それゆえに売買手数料意外に相談時に費用が掛かる場合があります。その際にかかる費用はその「IFA」の制度を採用している金融機関ごとに異なります。平均的な額の提示も難しく「IFA」専用口座を準備をしている金融機関の中には口座管理料などの支払いが必要な場合もある点には注意が必要です。そのため、その平均額に目を向けるよりも自分が利用したいと考えた金融機関がどのような制度を採用しているかを調べるのが良いでしょう。なお、日本においてはまだメジャーな存在ではないがゆえにそのサポート体制もかかる費用もさまざまです。上手に活用してください。