資産運用をお考えの方は読んでおいて損はないです

資産運用のことはIFAに相談

従来、資産運用のプロは金融機関(銀行や証券会社など)に在籍しているというのが常識でした。
しかし、このようなアドバイザーは金融機関の経営方針やノルマに束縛されるため、顧客に本当に有益な情報提供ができていないという事実もあります。
そこで、近年ではIFA(独立系フィナンシャル・アドバイザー)が注目を集めています。
当サイトでは彼らに相談できる内容、メリット、かかる費用についてなどを取りまとめ、資産運用に有益な情報を提供することを目的としています。

IFAに相談したいときはどうすればいい?

IFAに相談したいときはどうすればいい? 「資産運用のプロであるIFAに相談したい」と考えたとしても、自力で探すことは簡単ではありません。
インターネットで情報収集をしたり、知り合いに相談するなどの何らかの取り組みが必要です。
最近ではインターネット上で顧客にとって最適なIFAを紹介するサービスも整い始めており、利用する価値があります。
資産運用の取り組み方は堅実な運用、多少のリスクを認める運用などさまざまです。
同時に、IFAも得意分野があります。
例えば株式投資に強みがある専門家もいれば、不動産運用や海外投資などバラエティーに富んでいます。
このようなサービスを利用すれば、希望する資産運用を期待することが可能になるでしょう。
また、IFAはネット証券会社から紹介してもらうことも可能です。
多くのIFAと提携しているネット証券会社を選択すれば、良きパートナーに出会える可能性が高くなります。

資産運用でIFAに相談するのは誰が最適なの?

資産運用でIFAに相談するのは誰が最適なの? お金の専門家であるIFAに相談するのは誰が最適なのかというと、資産運用で長期的に相談に乗ってもらいたい人に有効です。
IFAは証券会社などの金融機関から独立しているので様々な商品を比較し、どの商品が顧客に適しているかをアドバイスしてくれます。
金融機関の営業のようにノルマがある訳ではないので、手数料の高い商品を勧められることなく長期的に相談に乗ってもらえることができるのです。
また既存の金融機関のように転勤の人事制度がないので長期の運用や世代を超えての資産管理を任せることができるのです。
どこの金融機関にも属していない独立系のIFAの強みは、その特長を活かして情報を入手することができます。
市場の環境に左右されやすい資産運用では良質な情報をいち早く入手し、的確に分析をしてから運用に活かすことが大切です。
特定企業の系列会社に属していると他の企業や競合する専門家から情報を得にくいというデメリットがありますが、独立系のIFAであれば様々な情報を手に入れやすいので、その情報を活かして的確な分析ができるというメリットがあります。
自分の大切な資産を長期的に運用してもらいたいと考えているのであれば、IFAを活用しましょう。

IFA情報サイト

IFA